日本の母 : 崩壊と再生

平川祐弘, 萩原孝雄 編

抱きしめ育ててくれるやさしい母か、子供を食い物にする恐い母か、文学のみが語りうる母の真実。源氏物語から鏡花、芥川、谷崎を経て、両村上、林芙美子、大庭みな子までのディスクールに、その多様なイメージと変遷をたどり、今後の家庭と社会の行く末までをよむ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 作家の背後にひそむ母
  • 第2部 母を恋ふる記
  • 第3部 母を殺せ
  • 第4部 母性再考
  • 第5部 フェミニズム解釈の功過

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の母 : 崩壊と再生
著作者等 平川 祐弘
萩原 孝雄
鶴田 欣也
書名ヨミ ニホン ノ ハハ : ホウカイ ト サイセイ
書名別名 Nihon no haha
出版元 新曜社
刊行年月 1997.9
ページ数 484p
大きさ 22cm
ISBN 4788506092
NCID BA32435743
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98039476
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想