太平洋文明の興亡 : アジアと西洋・盛衰の500年

入江隆則 著

新しい「海の時代」を生きる智恵はあるか?21世紀の日本の繁栄を占う歴史評論。過去五百年ほどの時間に太平洋という世界最大の海洋とその周辺の地域で起った歴史を記述し、その余勢をかって予見しうる未来についても、多少のスケッチを試みたのが本書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 不似合いなブローデル
  • 葛藤と収奪のはじまり
  • トロブリアンド諸島の宝物
  • ヌガラとマンダラ国家
  • 秩序のインカ、混沌のシナ
  • 近代資本主義とグノーシスの精神
  • 白い黄金の覇者
  • オランダ商人の敗北
  • あいまいなイギリス
  • 鉄砲伝来とペリー来航〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 太平洋文明の興亡 : アジアと西洋・盛衰の500年
著作者等 入江 隆則
書名ヨミ タイヘイヨウ ブンメイ ノ コウボウ : アジア ト セイヨウ セイスイ ノ 500ネン
書名別名 Taiheiyo bunmei no kobo
出版元 PHP研究所
刊行年月 1997.9
ページ数 374p
大きさ 20cm
ISBN 4569557813
NCID BA3242868X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98039378
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想