中華料理の文化史

張競 著

フカヒレの歴史はせいぜい三百年、北京ダックはたかだか百年あまり。ではそれ以前の中華料理とはどのようなものだったのか?異民族との交流により中華料理は大きく変貌してきた。見知らぬ素材やレシピという異文化を中国人は貪欲にとりこんだ。中華思想も蛮夷の料理は拒まなかったのである。中華料理のなかにはハイブリッドな中国文化のエキスが濃縮されているといっても過言ではない。孔子の食卓から開放経済下の新香港料理まで、中国の風土、異文化交流という大きな視野から描きだす、芳醇な中国文化史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 変わる中華料理
  • 第1章 孔子の食卓-春秋戦国時代
  • 第2章 ラーメンの年輪-漢代
  • 第3章 食卓のビッグバン-魏晋・六朝時代
  • 第4章 犬肉を食うべきか食わざるべきか-隋唐時代
  • 第5章 羊肉vs豚肉-宋代
  • 第6章 箸よ、おまえもか-宋元時代
  • 第7章 ああ、フカヒレ-明清時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中華料理の文化史
著作者等 張 競
書名ヨミ チュウカ リョウリ ノ ブンカシ
書名別名 Chuka ryori no bunkashi
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 1997.9
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 4480057242
NCID BA32391069
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98039778
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想