憲法問題入門

長尾龍一 著

憲法施行50余年。占領軍が原案を書き、占領国の絶対権力を背景にして制定された日本国憲法を日本国民はどのように考えてきたのだろうか。制定過程や正統性、改正などをめぐって議論の声を少なしとはしないにもかかわらず、その基本理念は日本国民のあいだに着実に浸透しているように思われる。国民主権と天皇制をはじめ、第9条と戦争放棄、基本的人権、内閣と司法権、地方自治、さらに改正問題や戦後憲法学批判など憲法をめぐる基本問題を明快に問いなおす、憲法を考える現代人のための必読の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本国憲法の不思議
  • 第1章 歴史の中の憲法
  • 第2章 国民主権と天皇制
  • 第3章 戦争放棄
  • 第4章 基本的人権「法の下の平等」
  • 第5章 基本的人権「自由権」
  • 第6章 国会と財政
  • 第7章 内閣
  • 第8章 司法権
  • 第9章 地方自治
  • 第10章 最高法規・憲法改正

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 憲法問題入門
著作者等 長尾 竜一
書名ヨミ ケンポウ モンダイ ニュウモン
書名別名 Kenpo mondai nyumon
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 1997.9
ページ数 204p
大きさ 18cm
ISBN 4480057234
NCID BA32381134
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98039779
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想