人づくり風土記 : 江戸時代  19

会田雄次, 大石慎三郎 監修 ; 石川松太郎, 稲垣史生, 加藤秀俊 編纂

地域にゆかりの深い執筆者、編集者による、聞き書きで綴る知恵。武田信玄の領国経営の知恵は徳川幕府に引きつがれ、甲州びとの愛郷心と創意性を生かした地場産業育成と商業振興に成功した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 前章 近世の山梨
  • 第1章 自治と助け合いの中で
  • 第2章 生業の振興と継承の中で
  • 第3章 地域社会の教育システムの中で
  • 第4章 町、村、家の暮らしと文化
  • 第5章 地域おこしに尽くした先駆者

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人づくり風土記 : 江戸時代
著作者等 会田 雄次
加藤 秀俊
大石 慎三郎
石川 松太郎
稲垣 史生
飯田 文弥
書名ヨミ ヒトズクリ フドキ : エド ジダイ
書名別名 ふるさとの人と知恵・山梨
巻冊次 19
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 1997.9
ページ数 348p
大きさ 27cm
ISBN 454097064X
NCID BA32378300
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99069424
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ふるさとの人と知恵・山梨 飯田文弥 山梨版
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想