演劇ノート

井上ひさし 著

1969年2月、テアトル・エコーで上演された『日本人のへそ』からこまつ座最新作『黙阿禰オペラ』まで、30年近くにわたって数々の名舞台を産み出したわが国を代表する劇作家が、36作品のそれぞれの公演ごとにつづった作品への思いや背景などを、作品別にまとめた初めての演劇エッセイ集。この一冊で、作者の演劇世界が一目で分かるばかりではなく、思わぬ発見ができるよう編集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本人のへそ
  • 表裏源内蛙合戦
  • 十一ぴきのネコ
  • 道元の冒険
  • 珍訳聖書
  • 藪原検校
  • 天保十二年のシェイクスピア
  • たいこどんどん
  • 四谷諧談
  • 雨〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 演劇ノート
著作者等 井上 ひさし
書名ヨミ エンゲキ ノート
書名別名 Engeki noto
シリーズ名 エッセイの小径
白水Uブックス
出版元 白水社
刊行年月 1997.7
ページ数 253p
大きさ 18cm
ISBN 4560073384
NCID BA32369365
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98029754
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想