政治の病理学

カール・J.フリードリヒ 著 ; 宇治琢美 訳

政治における「悪」はいかにして克服されるか-道徳的観点からは悪とみなされる暴力、汚職、裏切り、秘密主義等々が政治の世界で働いてきた機能と反機能を歴史的に考察し、これら政治の病理現象との不断のたたかいが、全体主義化しつつある現代政治において民主主義を活性化する道であることを解き明かす。現代政治学の諸成果をふまえて、政治と道徳という古くて新しい問題に鋭く迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序論-政治と道徳
  • 第2章 政治的暴力の問題
  • 第3章 抵抗と革命
  • 第4章 政治的暴力一般の考察
  • 第5章 裏切りの遍在とその政治的意義
  • 第6章 反逆例の分析-ユダとその後
  • 第7章 英雄的反逆者とその機能
  • 第8章 歴史的観点から見た汚職
  • 第9章 汚職の実例
  • 第10章 汚職の機能性
  • 第11章 秘密主義と宣伝活動の性格と機能
  • 第12章 宣伝活動、マス・コミ、その病理学
  • 第13章 情報とスパイ活動
  • 第14章 要約と結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 政治の病理学
著作者等 Friedrich, Carl J.
Friedrich, Carl Joachim
宇治 琢美
Freidrich Carl J.
フリードリヒ カール・J.
書名ヨミ セイジ ノ ビョウリガク : ボウリョク ウラギリ オショク ヒミツ シュギ センデン カツドウ
書名別名 The pathology of politics

暴力,裏切り,汚職,秘密主義,宣伝活動
シリーズ名 りぶらりあ選書
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1997.9
ページ数 313, 14p
大きさ 20cm
ISBN 4588021885
NCID BA32333095
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98049767
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想