彼岸の世界

金子大栄 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序論 / 3
  • 第一 宗教生活と彼岸の世界 / 3
  • 第二 佛教に於ける淨土の説 / 16
  • 本論 / 43
  • 前編 彼岸の世界の光景 / 43
  • 第一章 光の國 / 43
  • 第二章 名告の世界 / 60
  • 第三章 淨土莊嚴の本願 / 77
  • 第四章 『願生の歌』 / 94
  • 第五章 常樂我淨 / 136
  • 後編 彼岸の世界への往還の路 / 169
  • 第一章 禮拜と讃嘆 / 169
  • 第二章 作願と觀察 奢摩他(止)毗婆舍那(觀) / 194
  • 第三章 廻向 / 209
  • 第四章 受苦と隨喜と尊重 / 230
  • 第五章 往還の歸一 / 261
  • 附録
  • 一 『淨土論』の研究に就いて / 275
  • 二 『淨土論』本文 / 317

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 彼岸の世界
著作者等 金子 大栄
書名ヨミ ヒガン ノ セカイ
書名別名 Higan no sekai
出版元 全人社
刊行年月 1949
ページ数 338p
大きさ 22cm
NCID BA3232889X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49002429
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想