VRML 2 : 動く3Dグラフィックス : Java対応、JavaScript対応

中山茂 著

インターネットの進展により、いろいろなアプリケーションがWebブラウザ上で使用できるようになってきました。インターネットのWebブラウザが、あたかもOSのようになり、コンピュータにWebブラウザがあれば、特定のCPUやOSに依存することなく、同じアプリケーションがいろいろなコンピュータで動作することになります。このWebブラウザとして大きなシェアをもつNetscape Navigatorは、1993年秋に登場してからバージョンアップが繰り返され、現在ではNetscape Communicatorとして、Netscape Navigator 4.0が提供され、JavaアプレットやJavaScript、プラグイン・アプリケーションにも対応するようになりました。VRML(仮想現実設計言語Virtual Reality Modeling Language)とは、インタラクティブな3次元的世界を記述するためのファイル形式で、Webブラウザで仮想現実的な世界が表現できます。本書では、Netscape Navigator 4.0を用いて、VRML2.0についての簡単な使い方からはじめ、VRML2.0の3Dグラフィックスのプログラミングとしてのほとんどの仕様を網羅し、約110例のVRML2.0のソースコードを掲載して、多くの応用例について解説しました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 WebブラウザとVRML
  • 第2章 VRMLの2時間速習
  • 第3章 VRMLの幾何形状
  • 第4章 VRMLの舞台設定
  • 第5章 VRMLのルート制御
  • 第6章 VRMLのスクリプト制御

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 VRML 2 : 動く3Dグラフィックス : Java対応、JavaScript対応
著作者等 中山 茂
書名ヨミ VRML 2 : ウゴク 3D グラフィックス : Java タイオウ Java Script タイオウ
書名別名 VRML 2
出版元 技報堂
刊行年月 1997.8
ページ数 304, 5p
大きさ 21cm
付随資料 CD-ROM1枚 (12cm)
ISBN 4765533190
NCID BA32310613
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98035991
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想