法と経済学の考え方 : 政策科学としての法律学

ロバート・クーター 著 ; 太田勝造 編訳

[目次]

  • 第1章 最善で正義にかなった法-法の経済分析の価値的基盤
  • 第2章 コースの費用
  • 第3章 価格と制裁
  • 第4章 不法行為、契約、所有権の統合-予防の理論モデル

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法と経済学の考え方 : 政策科学としての法律学
著作者等 Cooter, Robert
太田 勝造
深谷 格
萩澤 達彦
クーター ロバート
書名ヨミ ホウ ト ケイザイガク ノ カンガエカタ : セイサク カガク ト シテノ ホウリツガク
書名別名 Ho to keizaigaku no kangaekata
シリーズ名 「法と経済学」叢書 3
出版元 木鐸社
刊行年月 1997.7
ページ数 245p
大きさ 21cm
ISBN 4833222485
NCID BA32259640
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98039636
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想