日本の金融ビッグバン

相沢幸悦 著

日本の金融機関はバブル崩壊で膨大な不良債権を抱えることになり、これでもか、これでもかと問題を噴出させつづけている。そのため、日本は、いまもって平成金融恐慌から脱け出せずにいる。そこで日本経済の再生をかけて、欧米に遅れること10数年のいま、金融大改革、つまり日本版ビッグバンがはじまった。外為法と日銀法の改正、金融持株会社の解禁、金融監督庁の創設など、2001年をめざして、着々と手が打たれている。本書では、日本の金融システム改革の全般的内容とその方向、そして将来像について、グローバルな視野で分析、考究している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 わが国の金融の歴史とバブル経済
  • 第2章 わが国の金融システム
  • 第3章 金融機関別の取扱金融商品
  • 第4章 これからの金融機関
  • 第5章 これからの金融・資本市場
  • 第6章 金融持株会社と金融再編
  • 第7章 中央銀行の独立性と金融政策
  • 第8章 これからの金融行政

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の金融ビッグバン
著作者等 相沢 幸悦
書名ヨミ ニホン ノ キンユウ ビッグバン
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1997.9
ページ数 286p
大きさ 19cm
ISBN 4140018062
NCID BA32227112
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99054389
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想