オスマン帝国とイスラム世界

鈴木董 著

本書では、点描的に、比較史・比較文化的関心に立ちつつ、オスマン帝国を主要な素材として、一つの文化世界としてのイスラム世界とそのなかにおけるオスマン帝国のケースの位置について、いくつかの側面につき試論を試みた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 オスマン帝国と地中海とイラスム世界と
  • 第1章 「イスラムの海」としての地中海-ブローデル『地中海』の再検討
  • 第2章 世界秩序・政治単位・支配組織
  • 第3章 組織と支配
  • 第4章 奴隷の諸相
  • 第5章 権力構造と「家」
  • 第6章 征服と都市建設
  • 第7章 帝都イスタンブルとオスマン権力
  • 第8章 都市における「対抗運動」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オスマン帝国とイスラム世界
著作者等 鈴木 董
書名ヨミ オスマン テイコク ト イスラム セカイ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1997.8
ページ数 240p
大きさ 22cm
ISBN 413030111X
NCID BA32209788
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98046484
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想