環境としての自然・社会・文化

有福孝岳 編著

現代文明は、環境と共生できるのか。自然・社会・人文科学6人の専門家が、現代社会・科学の到達点と思想を検討し、創造的共生の道を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 環境としての自然(生物の共生から見た自然
  • 地球内部の脈動と地球環境の変動)
  • 第2部 環境としての社会(水俣病事件(一九五六‐一九五九)から学ぶ先制的予防原理の意義
  • 科学技術と人間の共生)
  • 第3部 環境としての人間文化(創造性と言葉のエコロジー
  • 技術と環境と人間)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境としての自然・社会・文化
著作者等 有福 孝岳
書名ヨミ カンキョウ ト シテノ シゼン シャカイ ブンカ
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 1997.9
ページ数 272p
大きさ 22cm
ISBN 4876980489
NCID BA32196926
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98046275
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想