なっとくするディジタル電子回路

藤井信生 著

ディジタル機器には必ずディジタル電子回路が使用されており、極度にエレクトロニクスの発達した今日では、理工系の学生や社会人にとってディジタル電子回路は必須の学問である。本書では、基本論理ゲート、ブール代数、論理回路、フリップフロップ、順序回路、A/D変換などをとりあげ、ディジタル電子回路の基本事項の完全理解をめざす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ディジタル回路とは何だろう
  • 第2章 基本論理ゲートを知ろう
  • 第3章 論理式に慣れよう
  • 第4章 ゲートを組み合わせて論理回路を作ろう
  • 第5章 フリップフロップで記憶をしよう
  • 第6章 過去の入力が決める順序回路の動作を調べよう
  • 第7章 アナログ信号をディジタル信号に変換しよう
  • 第8章 ディジタル電子回路の1、0は理想的ではない
  • 第9章 論理回路をトランジスタで作ろう
  • 第10章 集積回路で作る論理ゲート

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なっとくするディジタル電子回路
著作者等 藤井 信生
書名ヨミ ナットクスル ディジタル デンシ カイロ
出版元 講談社
刊行年月 1997.9
版表示 第10刷
ページ数 198p
大きさ 21cm
ISBN 4061545116
NCID BA32192958
BA86125091
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98039256
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想