家・社会・女性 : 古代から中世へ

前近代女性史研究会 編

古代・中世の国家・共同体において、男女はそれぞれに重要な役割を果たしていた。また、天皇の後宮や貴族の家組織の維持・運営に女性は大きく関わっていた。文学作品をも駆使して、社会全体の相互関係の中で日本古代・中世を生きた女性の実像を解明。女性の社会的位置や役割を正当に評価し、今後の女性史研究に着実で豊かな展望を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 国家・共同体と女性(『風土記』の女性首長伝承
  • 日本古代の戦争と女性 ほか)
  • 2 家族・親族と女性(養老五年籍の「姉」「妹」の意味-人名と親族名称の分析による母系実態の解明
  • 古代の離婚における女性の地位について ほか)
  • 3 後宮と女性(母后と皇后-九世紀を中心に
  • 研究ノート 室町時代中・後期女房職相伝をめぐって-大納言典侍 広橋家を中心に ほか)
  • 4 貴族社会と「家」(家令の基本的性格について-中国の「府」と日本の「家」
  • 童殿上の成立と命名-王権と童 ほか)
  • 5 文学にみる女性(『源氏物語』における女性性について
  • お伽草子『花鳥風月』に見る夫婦観と時代背景)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家・社会・女性 : 古代から中世へ
著作者等 前近代女性史研究会
書名ヨミ イエ シャカイ ジョセイ : コダイ カラ チュウセイ エ
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1997.9
ページ数 335p
大きさ 22cm
ISBN 4642013040
NCID BA3210133X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98032881
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想