日清戦争 : 秘蔵写真が明かす真実

檜山幸夫 著

日本の民衆は、日清戦争によって初めて国家と天皇を認識し、軍隊を容認し、日本人であることを自覚する。日清戦争は、日本はもとより東アジア世界に大きな影響を及ぼした。50年戦争の幕開けとなった日清戦争の本質を明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 朝鮮出兵事件と日朝・日清開戦
  • 第2章 「軍人天皇」と「国民」の形成
  • 第3章 戦争と兵士
  • 第4章 軍事作戦
  • 第5章 日清講和条約と三国干渉
  • 第6章 台湾統治と台湾戦線
  • 第7章 国民動員と「軍国の民」
  • 終章 日清戦争とは何であったか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日清戦争 : 秘蔵写真が明かす真実
著作者等 檜山 幸夫
書名ヨミ ニッシン センソウ : ヒゾウ シャシン ガ アカス シンジツ
出版元 講談社
刊行年月 1997.8
ページ数 331p
大きさ 22cm
ISBN 4062082705
NCID BA3209518X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98032815
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想