ビールと古本のプラハ

千野栄一 著

百塔の町と呼ばれる美しい古都プラハは、多くの作家、詩人、音楽家などを輩出した芸術の都としても知られ、ビアホール、カフェ、そして古本屋の文化が花開いた。かつてこの町に学び、暮し、この町と人を知悉し愛する著者は、今もしばしばこの町を訪れる-常に3つの目的を持って。1つは様々だが、あとの2つは変らない。おいしいビールを飲むことと、古本屋を巡ることである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プラハの江戸っ子屋
  • ビールへのこだわり
  • チャペックとビールのチェコ
  • プラハのコーヒー店
  • 激動チェコの出版事情をみる
  • プラハ今昔
  • 変貌するプラハ古本屋マップ
  • プラハ古本屋巡り一筆書き
  • チェコ紋章学散策
  • 紅葉のプラハ
  • 愁いに沈む人間クンデラ
  • プラハで見つけたペンギンの話
  • 二つの動物園

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ビールと古本のプラハ
著作者等 千野 栄一
書名ヨミ ビール ト フルホン ノ プラハ
書名別名 Biru to furuhon no puraha
シリーズ名 エッセイの小径
白水Uブックス
出版元 白水社
刊行年月 1997.8
ページ数 187p
大きさ 18cm
ISBN 4560073406
NCID BA32091145
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98028622
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想