ウィトゲンシュタイン : 言語の限界

飯田隆 著

世界を織りかえ、「私」を問い直す新しい言葉の群れ。理論への誘惑をしりぞけ思考の陥る悪癖をたちきる徹底した思惟。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 一九二九年
  • 『論理哲学論考』とはどんな書物か
  • ウィーンからケンブリッジへ
  • 否定の謎
  • 像としての命題
  • 語りえぬ事柄
  • 再出発と破局
  • 復帰までの道のり
  • ふたたびケンブリッジにて
  • 現象言語
  • 意味と検証
  • 哲学とは何か
  • 『哲学探究』まで
  • 意味と理解
  • 私的言語
  • 数学の哲学
  • 心理学の哲学
  • 最期の日々
  • 科学主義に抗して

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウィトゲンシュタイン : 言語の限界
著作者等 Wittgenstein, Ludwig
飯田 隆
書名ヨミ ウィトゲンシュタイン : ゲンゴ ノ ゲンカイ
書名別名 Uitogenshutain
シリーズ名 現代思想の冒険者たち / 今村仁司 ほか編 第7巻
出版元 講談社
刊行年月 1997.9
ページ数 379p
大きさ 20cm
ISBN 4062659077
NCID BA32022594
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98037611
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想