宗教学入門

脇本平也 [著]

宗教学とは何か。これについて本書は、次の三つの観点から考察する。一つは、事実を客観的に取り上げて主観的な価値判断を避け、二つは、宗教を人間の生活現象の一局面として捉え、三つは、特定の一宗教ではなく複数の多宗教を資料として取り扱う。変幻自在の怪物のような世界の宗教現象を、見事なスタンスとバランス感覚を生かして、社会的人間として必要な宗教の基本知識を詳述した待望の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 宗教学の立場と分野
  • 2 宗教の原初形態
  • 3 科学・呪術・宗教
  • 4 宗教の諸類型
  • 5 宗教の構成要素
  • 6 宗教的実在観
  • 7 宗教的人間観
  • 8 宗教的世界観
  • 9 宗教儀礼
  • 10 教団と社会
  • 11 宗教体験と人格
  • 12 宗教の機能

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宗教学入門
著作者等 脇本 平也
書名ヨミ シュウキョウガク ニュウモン
書名別名 Shukyogaku nyumon
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1997.8
ページ数 346p
大きさ 15cm
ISBN 4061592947
NCID BA32000274
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98029986
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想