食卓の賢人たち  5

アテナイオス 著 ; 柳沼重剛 訳

そして、賢人たちの探求は人間の「情愛・性愛」に向かう。蘊蓄の限りを尽くした宴もこれにてお開き。本邦初完訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 一夫一婦、一夫多妻、側室
  • 遊女
  • 喜劇に出てくる人妻
  • 女は戦争の原因である
  • エロス
  • 少年愛
  • 髭を生やすのと髭を剃るのと
  • 美男美女を礼讃すること
  • ポルノグラフィア・娼婦
  • 高級な遊女〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食卓の賢人たち
著作者等 Athenaeus, of Naucratis
柳沼 重剛
Athenaios
アテナイオス
書名ヨミ ショクタク ノ ケンジンタチ
書名別名 Deipnosopbistai
シリーズ名 西洋古典叢書
巻冊次 5
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2004.3
ページ数 458, 77p
大きさ 20cm
付随資料 8p.
ISBN 4876981507
NCID BA3196637X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20567573
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 古典ギリシア語(1453年まで)
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想