国際関係論再考 : 新たなパラダイム構築をめざして

フレッド・ハリディ 著 ; 菊井禮次 訳

今日、国際関係論は二つの危険-理論的省察を欠いた単なる事実の記述に終わる危険、歴史的検証を経ずに理論化を図る危険-に晒されている。本書は、この危険を避けるべく社会科学の文脈の中で国際関係論の全面的な再検討を試みた野心的労作。欧米の主要学説の流れを系統的に跡付け、戦後の国際関係論全体を歴史的に俯瞰するとともに、国際関係論のあるべき新たなパラダイムを示唆する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序論-「国際的なもの」の意味と関連性
  • 第2章 諸理論の相剋
  • 第3章 不可避の遭遇-史的唯物論と国際関係論
  • 第4章 国際関係論における国家と社会
  • 第5章 同質なものとしての国際社会
  • 第6章 「六番目の大国」-革命と国際システム
  • 第7章 国際関係論の隠された主題-女性と国際領域
  • 第8章 体制間抗争-冷戦の事例
  • 第9章 一方だけの崩壊-ソ連と国家間競争
  • 第10章 国際関係論と「歴史の終焉」論
  • 第11章 結論-国際関係論の将来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際関係論再考 : 新たなパラダイム構築をめざして
著作者等 Halliday, Fred
菊井 礼次
ハリディ フレッド
書名ヨミ コクサイ カンケイ ロン サイコウ : アラタナ パラダイム コウチク オ メザシテ
書名別名 Rethinking international relations
シリーズ名 Minerva人文・社会科学叢書 14
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1997.8
ページ数 341, 14p
大きさ 22cm
ISBN 4623027902
NCID BA31956434
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98028813
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想