<思想>の現在形 : 複雑系・電脳空間・アフォーダンス

吉岡洋 著

「思想」の力とは何か?文化の地殻変動に「思想」はどう立ち向かうのか?科学と芸術を結びつける「複雑系」、文学を変質させる「電脳空間」、「主‐客」の視点を無効にする「アフォーダンス理論」…。言語と認識をキーワードに、動的過程としての「思想」が、変貌する「知」の現在を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「知」の境界への出発
  • 第1章 人工自然としての言語-もうひとつの電脳空間論
  • 第2章 進化としての「脱構築」-ポストモダン再考
  • 第3章 「複雑系」の哲学-認識の新たな形
  • 第4章 環境と判断-アフォーダンスのラディカリズム
  • 終章 インターフェイスとしての思想

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 <思想>の現在形 : 複雑系・電脳空間・アフォーダンス
著作者等 吉岡 洋
書名ヨミ シソウ ノ ゲンザイケイ : フクザツケイ デンノウ クウカン アフォーダンス
シリーズ名 講談社選書メチエ
出版元 講談社
刊行年月 1997.8
ページ数 256p
大きさ 19cm
ISBN 4062581116
NCID BA31943603
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98028647
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想