フリーメイスンとモーツァルト

茅田俊一 著

自由・友愛・慈善を目ざすフリーメイスンリーに、天才音楽家は深く共鳴した。新思潮の盛衰過程と数々の名曲群に結実する道筋を解明。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 フリーメイスンリーとは何か(啓蒙主義とその時代
  • フリーメイスンリーの前身
  • 近代フリーメイスンリーの誕生
  • フリーメイスンリーの仕組みと考え方)
  • 第2章 オーストリアのフリーメイスンリー(萌芽と開花
  • 全盛期と退潮の予兆
  • 衰退への途)
  • 第3章 モーツァルトとフリーメイスンリー(ザルツブルク時代
  • フリーメイスンリーへの傾斜
  • 一七八四年・メイスンリーへの入会と「ハイドン・セット」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フリーメイスンとモーツァルト
著作者等 茅田 俊一
書名ヨミ フリーメイスン ト モーツァルト
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1997.8
ページ数 286p
大きさ 18cm
ISBN 4061493698
NCID BA31922454
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98031732
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想