脳内不安物質 : 不安・恐怖症を起こす脳内物質をさぐる

貝谷久宣 著

病的な不安・恐怖は心理学的カウンセリングを中心に治療が行われてきたが、現在ではいくつかの脳内物質と脳の機能障害が関係していることが明らかになり、治療法も変わりつつある。本書では不安・恐怖症とパニック障害の物質的原因を新しい知見でさぐり、効果的な治し方を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 正常な不安と病的な不安
  • 第2章 不安と恐怖は身体症状に現れる
  • 第3章 不安・恐怖を起こす脳内物質
  • 第4章 不安・恐怖症と脳のメカニズム
  • 第5章 不安・恐怖症を診断する、治す

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳内不安物質 : 不安・恐怖症を起こす脳内物質をさぐる
著作者等 貝谷 久宣
書名ヨミ ノウナイ フアン ブッシツ : フアン キョウフショウ オ オコス ノウナイ ブッシツ オ サグル
書名別名 Nonai fuan busshitsu
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1997.8
ページ数 139, 6p
大きさ 18cm
ISBN 4062571846
NCID BA31861225
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98031744
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想