ドナウ河の社会学

浜口晴彦 編

ドナウ河がつくる歴史と文化。ドナウ河の果してきた役割を政治・経済・文化などの観点から検証し、沿岸に位置する各国の崩壊と再生、ヨーロッパ統合との関係をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ドナウと東欧文化(東欧文化におけるドナウ
  • スラヴ・フォークロアの中のドナウ
  • プルート川とチェルニウツィ)
  • 2 ドナウとルーマニア(海とドナウの国・ルーマニア
  • かくして独裁は崩壊した
  • 歴史が動き、素顔が現れた
  • ルーマニアとヨーロッパ統合
  • 市民生活と社会保障)
  • 3 ドナウとハンガリー(ドナウ河とハンガリー
  • 流域社会と線的社会関係-ドナウ委員会とはなにか
  • ハンガリー・ヨーロッパ統合・ドナウ連邦)
  • 4 ドナウとスロヴァキア(ガプチーコヴォ・ダム-政治問題化したドナウ河の治水事業
  • ドナウ河に架ける橋)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドナウ河の社会学
著作者等 伊東 一郎
坂田 正顕
浜口 晴彦
長与 進
書名ヨミ ドナウガワ ノ シャカイガク
出版元 早稲田大学出版部
刊行年月 1997.7
ページ数 238p
大きさ 19cm
ISBN 4657976168
NCID BA3185600X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98077129
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想