応用行動分析学入門 : 障害児・者のコミュニケーション行動の実現を目指す

小林重雄 監修 ; 山本淳一, 加藤哲文 編著

本書は、「応用行動分析学」(applied behavior analysis)の観点から、障害児者のコミュニケーション行動を現実の環境の中で実現していく上で不可欠な、基本的な考え方、分析の進め方、さまざまな技法、そして、実際の適用事例を解説したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 総論
  • 2 適用技法編
  • 3 事例研究編
  • 4 関連領域との接点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 応用行動分析学入門 : 障害児・者のコミュニケーション行動の実現を目指す
著作者等 加藤 哲文
小林 重雄
山本 淳一
書名ヨミ オウヨウ コウドウ ブンセキガク ニュウモン : ショウガイジ シャ ノ コミュニケーション コウドウ ノ ジツゲン オ メザス
出版元 学苑社
刊行年月 1997.8
ページ数 278p
大きさ 21cm
ISBN 4761497033
NCID BA31819841
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98028779
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想