肝臓病の人の食事 : GOT、GPT値を正常にする献立と食べ方 おいしい食事で成人病を治す

熊田 博光;池上 保子【監修】

肝臓病の人にとって、毎日の食事からとれる栄養素は、即、肝臓の再生を促す材料になったり、肝臓の機能を高めたりする大切なものです。ところが、患者さんの多くが、「だるい」「食欲がない」などの症状を訴えるために、充分に栄養をとれるような状況ではありません。そうした現状をふまえて、本書では見た目も味も食欲を増進させ、食べた後はだるさが軽減するようなおいしいメニューをそろえました。さらに、患者さんの食べたい素材が選べるように、セットメニューではなく、主菜、副菜、小鉢、汁物それぞれの単品メニューから、食べたいものを選んで、毎日の献立作りができるように工夫しました。病状が安定している人であれば、どれを組み合わせても、しっかり治療ができるようになっています。巻末には、病気の知識Q&Aを設け、肝臓の働きや仕組み、肝臓病の基礎知識、治療法についてわかりやすく解説しました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 毎日の食事の基本原則
  • 良質タンパク質が低エネルギーでとれる赤の主菜
  • ビタミン、ミネラルがたっぷりとれる青の副菜
  • 塩分と油少なめ赤と青の小鉢、汁物
  • 食欲増進の一品完結メニュー
  • 短時間で必要な栄養素がとれる決め技メニュー
  • 食欲増進の手作り調味料
  • 病気の知識Q&A

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 肝臓病の人の食事 : GOT、GPT値を正常にする献立と食べ方 おいしい食事で成人病を治す
著作者等 池上 保子
熊田 博光
書名ヨミ カンゾウビョウ ノ ヒト ノ ショクジ
出版元 成美堂
刊行年月 1997.5
ページ数 159p
大きさ 22cm
ISBN 4415085202
NCID BA31774980
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97074167
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想