音楽からみた日本人

小島美子 著

歌の好きな日本人は、古来より生活の中でそれを愛し育んできた。民族の文化や芸術のもっとも先鋭的な形ともいえる音楽の、日本文化の基層を探る。アジア各地の民族や音楽との比較、リズム感やメロディの特質、歌垣のルーツ、歌と語り、ハーモニーの成り立ちなどの視点からさまざまな楽器の歴史までを説き明かし、音楽を通して語る秀逸な日本文化論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 歌霊の島
  • 第2章 リズム感の性格
  • 第3章 古い音を探るには
  • 第4章 日本音楽の起源
  • 第5章 歌垣の故郷
  • 第6章 耳を澄まして
  • 第7章 歌と語りの成り立ち
  • 第8章 ハーモニーはあったか
  • 第9章 フエの故郷
  • 第10章 太鼓は語る
  • 第11章 コトの謎
  • 第12章 都市の庶民の音楽生活
  • 終章 「音楽」の軌道修正

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音楽からみた日本人
著作者等 小島 美子
書名ヨミ オンガク カラ ミタ ニホンジン
書名別名 Ongaku kara mita nihonjin
シリーズ名 NHKライブラリー
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1997.7
ページ数 236p
大きさ 16cm
ISBN 4140840579
NCID BA31769404
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98072832
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想