日本の自然はなぜ荒れたのか : 非自然の風景

向一陽 著

人と自然の共生を求めて。十数年来、日本列島の山間地、離島を歩きつづけた著者が、経済成長の陰に隠れた自然破壊の惨状をリポート。健全な環境を守るために立ち上がったアマチュア・ナチュラリストに贈るさわやかな応援歌。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 丹沢のシカ
  • 2 ダムと山村
  • 3 奥日光酸性霧
  • 4 森は海の恋人
  • 5 ブナの番人
  • 6 自然観察指導員
  • 7 槍ケ岳のサル
  • 8 大規模破壊林道
  • 9 野生ヤギの島
  • 10 松枯れと大和三山

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の自然はなぜ荒れたのか : 非自然の風景
著作者等 向 一陽
書名ヨミ ニホン ノ シゼン ワ ナゼ アレタノカ : ヒシゼン ノ フウケイ
出版元 共同通信社
刊行年月 1997.7
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 4764103907
NCID BA31757744
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98020729
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想