埴谷雄高独白「死霊」の世界

埴谷雄高 著 ; NHK 編 ; 白川正芳 責任編集

わが国初の形而上小説、今世紀最大の実験小説、『死霊』。この未完の作品で、作者は何を語ろうとしているのか。NHK・ETV特集のために埴谷氏は、作品『死霊』の自己解説とともに、文学や哲学、戦争・政治・革命、さらに人間存在と宇宙について、70時間にわたり熱烈に語った。1997年2月19日、埴谷氏逝去。本書は、われわれと宇宙に向けて放たれた「遺書」となった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 不合理ゆえに吾信ず-独房の思想
  • 第2章 死者への責任-精神のリレーということ
  • 第3章 夢魔の世界-自意識・革命・宇宙
  • 第4章 アンドロメダの兄弟へ-生と宇宙の謎
  • guide 『死霊』の周辺(『死霊』未完の構造-九章論
  • 『死霊』論の変遷
  • 埴谷雄高 作品・関連論文年譜)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 埴谷雄高独白「死霊」の世界
著作者等 埴谷 雄高
日本放送協会
白川 正芳
NHK
書名ヨミ ハニヤ ユタカ ドクハク シリョウ ノ セカイ
書名別名 Haniya yutaka dokuhaku shiryo no sekai
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1997.7
ページ数 316p
大きさ 22cm
ISBN 4140052775
NCID BA3175605X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98074815
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想