心筋梗塞の前後

水上勉 著

一九八九年六月、七十歳になったばかりの著者が北京を訪れて、天安門事件に遭遇した時から変事は始まった。救援機で帰国後、自宅に辿りついてわずかに二時間、心筋梗塞が著者を襲った。死に瀕すること数日、生還する幸いを得たが、心臓の機能は三分の二を失った-。二年間入退院を繰返した日々を克明に描く闘病の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • しののめの空明かり
  • くすり漬け、自己治癒力、それから
  • 病友記

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心筋梗塞の前後
著作者等 水上 勉
書名ヨミ シンキン コウソク ノ ゼンゴ
書名別名 Shinkin kosoku no zengo
シリーズ名 文春文庫
出版元 文芸春秋
刊行年月 1997.4
ページ数 222p
大きさ 16cm
ISBN 4167118122
NCID BA31710048
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97061584
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想