日本の産業革命 : 日清・日露戦争から考える

石井寛治 著

戦争が支えた日本の近代。製糸・紡績、鉄道、鉱山そして銀行…。明治の国家目標「殖産興業」は、いつ、なぜ、どのように「強兵」へと転換したのか。19世紀後半の世界経済の中で日本が選択した道。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 今なぜ産業革命か?
  • 第1章 外資排除のもとでの民業育成-日本産業革命の前提(1873〜1885)
  • 第2章 対外恐怖からの対外侵略-産業革命の開始と日清戦争(1886〜1895)
  • 第3章 帝国の利権をめぐる日露対決-産業革命の展開と日露戦争(1896〜1905)
  • 第4章 無賠償のかわりに朝鮮・満州を-産業革命の終了とアジア侵略(1906〜1914)
  • 終章 産業革命から情報革命へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の産業革命 : 日清・日露戦争から考える
著作者等 石井 寛治
書名ヨミ ニホン ノ サンギョウ カクメイ : ニッシン ニチロ センソウ カラ カンガエル
書名別名 Nihon no sangyo kakumei
シリーズ名 朝日選書 581
出版元 朝日新聞社
刊行年月 1997.8
ページ数 290p
大きさ 19cm
ISBN 4022596813
NCID BA31692580
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98027377
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想