源氏物語と白楽天

中西進 著

中国唐代の大詩人・白楽天の詩文を『源氏物語』が数多く引用するのはなぜか。本書は、引用された白詩を『源氏物語』の文脈に深く浸透させながら『源氏物語』の創作過程を吟味し、もう一つの文脈として白詩を響かせつつ、壮大な宇宙観を語り進める古典の手法の、驚くべき深層を鮮やかに解明する。『源氏物語』の本質に新たな光をあてる一大雄編。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 桐壷
  • 帚木
  • 夕顔
  • 若紫
  • 末摘花
  • 紅葉賀
  • 賢木
  • 須磨
  • 明石〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 源氏物語と白楽天
著作者等 中西 進
書名ヨミ ゲンジ モノガタリ ト ハク ラクテン
シリーズ名 源氏物語
出版元 岩波書店
刊行年月 1997.7
ページ数 491, 4p
大きさ 22cm
ISBN 4000006436
NCID BA3165499X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98028606
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想