書の宇宙  7

石川九楊 編

刻石の文字は、肉筆の書に揺り動かされ、新たな時代を迎える。爨宝子碑、龍門造像記、鄭羲下碑、張猛龍碑、高貞碑、他。硬質な社会=石=北、軟質な社会=紙=南と象徴される、石と紙との分裂、争闘、相互浸透、統合の歴史が、六朝書史であると総括することができる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 書の宇宙-書かれた形と、刻された形と(石川九楊)
  • 図版+鑑賞のポイント
  • この書を、こう見る!
  • 東アジアの時空-目前の生死(入矢義高)
  • 心と手、心の手、手の心-「永平」の心 北魏「石門銘」誕生の秘密(草森紳一)
  • 筆線の狩人-筆とノミ(夏目房之介)
  • 書と書論-北朝石刻 野生の覚醒(大野修作)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 書の宇宙
著作者等 石川 九楊
書名ヨミ ショ ノ ウチュウ
書名別名 石に刻された文字 : 北朝石刻
巻冊次 7
出版元 二玄社
刊行年月 1997.7
ページ数 95p
大きさ 31cm
ISBN 454402207X
NCID BA31648228
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98018201
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想