組織の社会学

沢田善太郎 著

近代組織の2つの原則、「官僚制」と「合議制」は基本的に対立しながらも、緊張関係をたもちながら併存している。本書は、この2つの原則が西欧社会で歴史的に形成される過程と、現実の組織のなかで両者がどのような相互作用をおこなうかを、ウェーバーのプロテスタント・テーゼの再検討を通して分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 官僚制とアソシエーション
  • 第1章 近代組織規律の構造
  • 第2章 規律化と近代国家の形成
  • 第3章 セルクル-19世紀のアソシエーション
  • 第4章 民衆アソシエーションと民衆行動
  • 第5章 合議による意思決定と組織構造
  • 第6章 パーソンズの合議制的アソシエーション論
  • 終章 組織概念再考

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 組織の社会学
著作者等 沢田 善太郎
書名ヨミ ソシキ ノ シャカイガク : カンリョウセイ アソシエーション ゴウギセイ
書名別名 官僚制・アソシエーション・合議制

Soshiki no shakaigaku
シリーズ名 Minerva社会学叢書 2
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1997.7
ページ数 264p
大きさ 22cm
ISBN 4623027686
NCID BA31585591
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98025315
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想