分析哲学の現在

藤本隆志, 伊藤邦武 編

知識論・行為論を中心に、最近の分析哲学における最先端のテーマを論じつつ、開かれた視点から哲学の基本問題に鋭く切り込む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 反省と展望(言語分析の功罪)
  • 2 認識の諸相(意識と機能主義
  • 感覚する個人-センス・データ論批判と自然主義
  • 虚構と科学)
  • 3 行為の諸相(行為と因果性-行為論の展開の一断面
  • 自由意志論
  • 合理的意思決定のモデル
  • 自然における人間の位置-生命・環境倫理の観点から)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 分析哲学の現在
著作者等 伊藤 笏康
伊藤 邦武
信原 幸弘
宗像 恵
浜野 研三
田村 均
美濃 正
藤本 隆志
書名ヨミ ブンセキ テツガク ノ ゲンザイ
シリーズ名 哲学の現在 7
Sekaishiso seminar 7
出版元 世界思想社
刊行年月 1997.8
ページ数 256, 2p
大きさ 19cm
ISBN 4790706664
NCID BA31571724
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98034557
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想