古代荘園史料の基礎的研究  上

石上英一 著

本書は、近年の古代土地制度史研究の固着した研究状況を切り拓き、また初期荘園論と古代大土地領有を中世荘園制の前史としてのみ理解する一般的傾向とに対して古代大土地領有の再評価を提起するために、古代土地所有の諸事例についての基礎的な史料分析の成果と、古代大土地領有・古代荘園図研究の新たな研究視角とを提示することを目的としている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 古代荘園図の再検討
  • 第1編 讃岐国山田郡田図の史料学的研究(弘福寺文書の基礎的考察
  • 讃岐国山田郡田図の史料学的分析)
  • 第2編 法隆寺伽藍縁起并流記資財帳の伝来の研究(法隆寺伽藍縁起并流記資財帳諸写本の伝来
  • 法隆寺伽藍縁起并流記資財帳の伝来)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代荘園史料の基礎的研究
著作者等 石上 英一
書名ヨミ コダイ ショウエン シリョウ ノ キソテキ ケンキュウ
巻冊次
出版元 塙書房
刊行年月 1997.7
ページ数 422p
大きさ 22cm
ISBN 4827311463
NCID BA31566520
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98074826
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想