現代歴史学と戦争責任

吉田裕 著

「侵略」だと認識しつつも「やむをえない戦争」だったと考えがちな不透明な戦争観の中で、多様な免罪論・免責論を排しつつ重層する加害と被害、戦後世代の責任などを究明して現代歴史学の課題を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 戦争責任論の現在
  • 2 日本近代史研究とオーラル・ヒストリー
  • 3 「天皇の軍隊」研究の一視角
  • 4 南京事件と国際法
  • 5 敗戦前後における公文書の焼却と隠匿
  • 6 極東国際軍事裁判と戦争責任問題
  • 7 占領期における戦争責任論
  • 8 日本の加害責任と広島・長崎
  • 9 閉塞するナショナリズム
  • 10 日本近代史をどうとらえるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代歴史学と戦争責任
著作者等 吉田 裕
書名ヨミ ゲンダイ レキシガク ト センソウ セキニン
出版元 青木書店
刊行年月 1997.7
ページ数 258p
大きさ 20cm
ISBN 4250970299
NCID BA31560535
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98023852
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想