キリスト教と欧米文化

キリスト教文化学会 編

本書は、欧米の近代以降の歴史の中で、神学、思想、文学、芸術など、それぞれの分野で活躍し、特に、日本人によく知られた人々を取りあげている。本書の各論文は、編者が「われらの主にして師なるイエス・キリスト」を総主題として、既述の五年間にわたってなされた研究発表を基にしたものである。この主題はキリスト教諸大学が、建学の精神を見直し、積極的に受け止め、各大学の特色、独自性の鮮明化(アイデンティフィケイション)に懸命にとり組みつつあることを考慮したものであった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 思想(恩寵論からみたパスカルの『パンセ』
  • ジョン・ロック再考
  • セーレン・キェルケゴール-懴悔者の道 ほか)
  • 2 文学(詩人への道を選ぶミルトン
  • ジョン・バニヤンの現代的意義
  • トルストイとドストエフスキイ-死の問題を中心として ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キリスト教と欧米文化
著作者等 キリスト教文化学会
書名ヨミ キリストキョウ ト オウベイ ブンカ
書名別名 Kirisutokyo to obei bunka
出版元 ヨルダン社
刊行年月 1997.6
ページ数 397p
大きさ 20cm
ISBN 4842802316
NCID BA31550021
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98030035
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想