啓蒙のイロニー : ハーバーマスをめぐる論争史

矢代梓 著

戦後ドイツの思想を今日にいたるまで主導してきたハーバーマスの思想の軌跡を追いながらルーマンとの社会システム論争やポパー、アルバートとの実証主義論争、ガーダマーとの解釈学論争、ポスト・モダン論争、歴史家論争など多様な問題における思想的格闘を「論争」という観点からとらえ直す。ハーバーマスの思想を通じてドイツ的思想の本質とその射程を包括的に論じた力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ハーバーマスをめぐる論争史(廃墟のなかのベルリン
  • 『公共性の構造転換』刊行まで
  • 実証主義論争と第十五回ドイツ社会学会
  • 解釈学論争とその周辺
  • ハーバーマスとドイツの急進的学生運動 ほか)
  • 2 戦後ドイツ思想クロニクル

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 啓蒙のイロニー : ハーバーマスをめぐる論争史
著作者等 矢代 梓
書名ヨミ ケイモウ ノ イロニー : ハーバーマス オ メグル ロンソウシ
シリーズ名 ポイエーシス叢書 38
出版元 未來社
刊行年月 1997.7
ページ数 230, 2p
大きさ 20cm
ISBN 4624932382
NCID BA31540797
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98023836
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想