古代哲学者墨子 : その学派と教義 : 抄訳

M.L.チタレンコ 著 ; 飯塚利男 訳

ロシア人が見る中国古代の世界像。1980年代半ばに書き下ろされたロシア語の原書を翻訳!2000年前の封建社会体制にありながら、精神面と物質面からの社会改革を狙い、『全体』を支える『個』の躍動に着眼した墨子を、現代人の道標としてクローズアップする、ロシア中国学者の重鎮による労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 墨家学派の拡大と破滅を発生させた歴史的条件
  • 第2章 墨〓と彼の生涯、墨家学派
  • 第3章 『墨子』本の創造におけるスタッフと歴史
  • 第4章 墨主義者の教義である思想的起源
  • 第5章 墨家学派の社会的‐政治的見解
  • 第6章 早期と後期の墨主義の倫理的見解
  • 第7章 認識に関する早期墨主義者の教義と後期墨主義者の唯物論的認識理論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代哲学者墨子 : その学派と教義 : 抄訳
著作者等 Titarenko, M. L
飯塚 利男
チタレンコ ミハイル・レオンティエーヴィッチ
書名ヨミ コダイ テツガクシャ ボクシ : ソノ ガクハ ト キョウギ : ショウヤク
書名別名 Дребнекитайский философ МО ДИ. (抄訳)
出版元 MBC21 : 東京経済
刊行年月 1997.8
ページ数 278p
大きさ 22cm
ISBN 4806405329
NCID BA31540108
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98044395
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想