生命の奇跡 : DNAから私へ

柳澤桂子 著

三六億年前から連なる<生命の歴史>のまっただなかに、「私」は誕生し死滅する。「からだのかたち」はいかにつくられ、「脳と心」はどのように関係するのか。また、「言葉」はどのように獲得されるのか。「芸術」と「科学」の営みの意味とは何か。そして、「死」をいかに迎え、神に何を「祈る」のか。生命科学の立場から、唯一無二のかけがえのない「私」という存在の意味を問う-「はるかなる旅」がいま始まる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 DNAからヒトへ
  • 第2章 「火の玉」から「生命の星」へ
  • 第3章 心が生まれる
  • 第4章 「私」が生まれる
  • 第5章 言葉が生まれる
  • 第6章 死を思うとき
  • 第7章 芸術と科学の営み
  • 第8章 人はなぜ祈るのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生命の奇跡 : DNAから私へ
著作者等 柳沢 桂子
書名ヨミ セイメイ ノ キセキ : DNA カラ ワタクシ エ
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 1997.7
ページ数 205p
大きさ 18cm
ISBN 4569556736
NCID BA31525181
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98016133
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想