古楽とは何か

ニコラウス・アーノンクール 著 ; 樋口隆一, 許光俊 訳

[目次]

  • 第1章 音楽と解釈への基本的考察(音楽と人生
  • 歴史的な音楽の解釈のために
  • 音楽の理解と音楽教育 ほか)
  • 第2章 楽器と言葉(ヴィオラ・ダ・ブラッツォとヴィオラ・ダ・ガンバ-弦楽器の歴史についてのささやかな考察
  • ヴァイオリン-バロック的独奏楽器
  • バロック・オーケストラ ほか)
  • 第3章 ヨーロッパのバロック音楽とモーツァルト(表題音楽-ヴィヴァルディの作品八
  • イタリア様式とフランス様式
  • オーストリア・バロックの作曲家たち-宥和の試み ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古楽とは何か
著作者等 Harnoncourt, Nikolaus
樋口 隆一
許 光俊
アーノンクール ニコラウス
書名ヨミ コガク トワ ナニカ : ゲンゴ ト シテノ オンガク
書名別名 Musik als Klangrede. (4. Aufl.)

言語としての音楽

Kogaku towa nanika
出版元 音楽之友社
刊行年月 1997.7
ページ数 326p
大きさ 20cm
ISBN 4276203708
NCID BA31523685
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98028709
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想