伸び行く朝鮮 : 宇垣総督講演集

宇垣一成 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 朝鮮の將來
  • 第一 緖言 / 1
  • 第二 朝鮮認識の重要性 / 3
  • (イ)朝鮮に對する認識の不足 / 3
  • (ロ)間島は何處の島か? / 5
  • (ハ)內鮮融和の本義 / 7
  • (ニ)英國名士の朝鮮觀 / 8
  • 第三 思想界の變遷と純化 / 10
  • (イ)荒怠萎靡せる舊朝鮮 / 11
  • (ロ)更生精進の現代朝鮮 / 12
  • (ハ)內地と朝鮮の思想關係 / 15
  • 第四 地方振興と自力更生 / 16
  • (イ)朝鮮更生の先決問題 / 16
  • (ロ)農民の無知と農村の窮乏 / 19
  • (ハ)朝鮮統治の一大憂患 / 21
  • (ニ)窮狀打開の二方策 / 22
  • (ホ)農村振興運動の促進 / 24
  • 第五 北鮮開拓 / 25
  • (イ)寶庫北鮮の全貌 / 26
  • (ロ)人口問題と移民政策 / 26
  • (ハ)潑刺たる開拓事業 / 28
  • 第六 滿洲移民 / 30
  • 第七 產金事業 / 31
  • 第八 各種の鑛業 / 35
  • (イ)豐富なる鑛產物 / 35
  • (ロ)日本の强味=輕金屬 / 37
  • (ハ)飛躍せんとする朝鮮の鑛業 / 38
  • 第九 工業の趨向 / 39
  • (イ)刮目すべき朝鮮の工業 / 39
  • (ロ)東洋一の窒素工場 / 40
  • (ハ)纖維工業 / 42
  • 第十 南棉北羊政策 / 43
  • (イ)自給自足を目ざす棉花 / 43
  • (ロ)有望なる緬羊飼育 / 45
  • 第十一 工業發展の動機 / 47
  • (イ)低廉なる電氣動力 / 47
  • (ロ)勞銀の低廉と資源の豐富 / 49
  • 第十二 水產界の趨勢 / 50
  • 第十三 商業の將來性 / 52
  • 第十四 敎育の動向 / 56
  • (イ)最高義務の遂行 / 56
  • (ロ)實務敎育への精進 / 57
  • (ハ)腹のある人物の養成 / 60
  • (ニ)惠まれたる朝鮮 / 61
  • (ホ)文盲退治の完成へ / 64
  • 第十五 結言 / 65
  • 朝鮮最近の面影
  • 一 緖言 / 71
  • 二 最初余の眼に映じた朝鮮 / 72
  • 三 有望朝鮮の再認識 / 74
  • 四 興產は家を滅ぼすの基 / 75
  • 五 穩健着實の動向 / 77
  • 六 朝鮮の美德特性の發揮 / 78
  • 七 農民の安心立命 / 80
  • 八 京釜京義線から見た朝鮮 / 82
  • 九 農業朝鮮の壯觀 / 84
  • 十 豐富なる天然資源 / 86
  • 十一 工業朝鮮の偉容 / 89
  • 十二 誇るべき朝鮮の鑛業 / 93
  • 十三 希望に輝く朝鮮 / 97
  • 十四 注目すべき農村振興運動 / 98
  • 十五 勤勞敎育と精神敎育 / 99
  • 十六 農業を基調とする日本 / 101
  • 十七 惠まれたる日本 / 103
  • 十八 滿洲國視察の重點 / 105
  • 十九 結言 / 108
  • 農村振興運動の擴充
  • 第一 天壤無窮の奉祝と會議開催の趣旨 / 111
  • 第二 皇國の前途は多難なるも其の間に洋々たる光明は輝く / 113
  • 第三 農村振興 / 115
  • (イ)運動の進展と其の統治上に及ぼしたる影響 / 116
  • (ロ)旣往の囘顧と施設の統制化 / 118
  • (ハ)更生計畫の重要性 / 121
  • (ニ)更生指導部落の擴充 / 126
  • (ホ)指導網の擴充と中堅人物の養成 / 128
  • (ヘ)運動强化の爲にする總督府の諸施設 / 131
  • 第四 都市の振興と好景氣の妙用 / 133
  • 第五 全般的に朝鮮認識の昻進とお互の覺悟 / 136
  • 第六 結言 / 139

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 伸び行く朝鮮 : 宇垣総督講演集
著作者等 宇垣 一成
朝鮮総督府
書名ヨミ ノビユク チョウセン
出版元 宇垣一成
刊行年月 [1935]
ページ数 148p 図
大きさ 20cm
NCID BA31517955
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
73016426
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想