性と暴力の文化史

ハンス・ペーター・デュル [著] ; 藤代幸一, 津山拓也 訳

先史・古代から近・現代まで「未開」と「文明」を横断して「人間」の性と暴力を直視し「文明化」の幻想を打ち砕く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『女の武器で』
  • 乳房をあらわにして攻撃する
  • バリケード上の女性
  • 乳房をあらわにして鎮める
  • 陰門を見せて驚かす
  • 神々の哄笑
  • 陰門を見せて侮辱する
  • 女の力
  • 強姦する女
  • 『おれの尻をなめろ!』〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 性と暴力の文化史
著作者等 Duerr, Hans Peter
津山 拓也
藤代 幸一
デュル ハンス・ペーター
書名ヨミ セイ ト ボウリョク ノ ブンカシ : ブンメイカ ノ カテイ ノ シンワ 3
書名別名 Obszönität und gewalt

文明化の過程の神話3

Sei to boryoku no bunkashi
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 574
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1997.7
ページ数 672, 87p
大きさ 20cm
ISBN 458800574X
NCID BA31495896
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98039239
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想