サイトカイン

笠倉新平 編

[目次]

  • サイトカインとは
  • サイトカイン-過去・現在・未来
  • サイトカインの臨床応用
  • サイトカインおよびサイトカイン遺伝子の癌治療への応用
  • 内分泌・代謝機能とサイトカイン
  • 神経ペプチドとサイトカイン
  • Th1、Th2細胞のサイトカイン依存性と細胞内シグナル伝達機構
  • IL‐13、IL‐14、IL‐15、IL‐16、IL‐17
  • 新しいIFNγ産生刺激サイトカイン(IGIF、IL‐18)
  • トロンボポエチン〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サイトカイン
著作者等 笠倉 新平
書名ヨミ サイトカイン
書名別名 Saitokain
出版元 日本医学館
刊行年月 1997.6
版表示 第2版改訂新版.
ページ数 359p
大きさ 26cm
ISBN 4890443452
NCID BA31494769
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98060926
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想