メカトロニクス革命と新国際分業 : 現代世界経済におけるアジア工業化

周牧之 著

本書は、電子産業の発展と新たな産業技術体系の形成を、世界経済構造変化の最大の原動力と位置づけ、「メカトロニクス革命」説を提起する。日・中・米・欧・東アジアを素材として、データ分析と現地調査を基に詳細な検証を行い、急速に変貌する現代世界経済の特質と将来の可能性を探究する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 本書の問題意識
  • 第1章 メカトロニクス革命と世界貿易構造の変動
  • 第2章 メカトロニクス革命下のアジア新工業化
  • 第3章 メカトロニクス革命と日本の工業生産構造の再編成
  • 第4章 メカトロニクス革命と中国の新工業化
  • 終章 アジア新工業化の展望と問題点

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メカトロニクス革命と新国際分業 : 現代世界経済におけるアジア工業化
著作者等 周 牧之
書名ヨミ メカトロニクス カクメイ ト シン コクサイ ブンギョウ : ゲンダイ セカイ ケイザイ ニ オケル アジア コウギョウカ
シリーズ名 Minerva現代経済学叢書 13
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1997.6
ページ数 245p
大きさ 22cm
ISBN 4623027775
NCID BA31477045
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98011810
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想