エリザベス朝演劇の誕生

玉泉 八州男【編】

シェイクスピアを生んだ英国エリザベス朝演劇の知られざる全体像に迫るべく気鋭の研究者19氏が書き下ろした、本邦初の画期的論文集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 演劇興業の始まり
  • ピューリタニズムと「田舎っぺ」の攻防
  • 古典文学の翻訳
  • アマチュア演劇の伝統
  • セネカ悲劇の誕生
  • 三身分の劇場
  • 賢明なる沈黙
  • 魔術のメタモルフォシス
  • プロテスタンティズム・書籍商・三文文士
  • エリザベス朝のソネット連章をめぐって〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エリザベス朝演劇の誕生
著作者等 中野 春夫
井出 新
住本 規子
佐藤 達郎
前沢 浩子
小沢 博
成田 篤彦
斉藤 衛
新谷 忠彦
橋本 辰次郎
清水 徹郎
玉泉 八州男
篠崎 実
荒木 正純
野崎 睦美
青木 信義
高田 茂樹
由井 哲哉
岡田 俊惠
書名ヨミ エリザベスチョウエンゲキノタンジョウ
出版元 水声社
刊行年月 1997.6.10
ページ数 637p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4891763574
NCID BA31467653
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想