神経生物学のための胚と個体の遺伝子操作法

近藤寿人 編

神経系の働きを個体レベルで研究するための遺伝子操作に必要な最新の技術をまとめたラボマニュアル。トランスジェニックマウスに関する技術、ES細胞やキメラマウスの取り扱い、神経系に局所的な遺伝子操作を行う方法など、各分野のエキスパートがそれぞれの体験をもとにプロトコールをまとめた。最新の技術がステップ・バイ・ステップで紹介されているので、誰でもすぐ実験ができる。ニューロサイエンスのみならず、遺伝子操作にかかわるすべての研究者に有用な一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 トランスジェニックマウス(トランスジェニックマウス系統の確立
  • 初代トランスジェニックマウス胚を用いた遺伝子発現の検定 ほか)
  • 2 キメラマウスとES細胞(集合胚を用いたキメラマウス
  • ES細胞を用いたキメラマウス ほか)
  • 3 発生期胚の局所的遺伝子導入・遺伝子操作(レトロウイルスを用いたニワトリ胚への遺伝子導入
  • リポフェクションによる鳥類神経冠細胞への遺伝子導入法 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神経生物学のための胚と個体の遺伝子操作法
著作者等 近藤 寿人
中川 八郎
書名ヨミ シンケイ セイブツガク ノ タメノ ハイ ト コタイ ノ イデンシ ソウサホウ
シリーズ名 ニューロサイエンス・ラボマニュアル / 中川八郎 監修 v.3
出版元 シュプリンガー・フェアラーク東京
刊行年月 1997.9
ページ数 250p
大きさ 26cm
ISBN 4431707263
NCID BA31465523
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98042735
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想