イギリス・ロマン派の系譜 : キーツ・ギリシア・ケルト

五島正夫 著

[目次]

  • 第1章 水に書く-キーツの墓碑銘の出典と近代日本文化への影響
  • 第2章 『エンディミオン』における神話と象徴
  • 第3章 キーツの自然-ギリシアとケルト
  • 第4章 イギリス・ロマン派の先駆者たち
  • 第5章 ワイルドの童話「星の子」に秘められたもの-キリスト、ケルト、ギリシア
  • 第6章 ハーフィズの「ナイチンゲールと薔薇」への影響
  • 第7章 チャタトンのキーツへの影響
  • 第8章 ハーディの「ハンプトンシャー公爵婦人」における象徴とキーツ
  • 第9章 ケルトの心
  • 第10章 オペラ『ノルマ』におけるケルト
  • 第11章 『マディソン群の橋』におけるケルトの妖精物語

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イギリス・ロマン派の系譜 : キーツ・ギリシア・ケルト
著作者等 五島 正夫
書名ヨミ イギリス ロマンハ ノ ケイフ : キーツ ギリシア ケルト
出版元 文化書房博文社
刊行年月 1997.6
ページ数 181p
大きさ 22cm
ISBN 4830107960
NCID BA31455100
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98017710
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想